お疲れ様です!De:Lです!

東京オリンピックでの、日本代表の激闘冷めやらぬまま、明治安田生命J2リーグが再開します!!


前回の石井快征選手についての解体新書記事より以前のThe press of EHIMEはnoteに残っていますので、

ぜひご覧になってください。

noteアカウントリンク

過去のThe press of EHIMEはこのnoteに残っています。

さて、新戦力を迎え、怪我組もおそらく復帰し、愛媛FCはどうなっていくのでしょうか。。。

この記事では、新戦力の整理、フォーメーション、そして後半戦の戦い方という点から考察していきます。

The press of EHIMEについて

このthe press of EHIME2021は2021シーズンの愛媛FCの一戦一戦に注目し、よかったこと(Gpoint)と悪かったこと(Bpoint)をまとめ、その試合から愛媛が学ぶことを整理したうえで、特定の選手(FeturePlayer)や、戦術を取り上げ、愛媛の進化を読み解いていこうという完全個人運営のnoteとなっています。ここでの文章、画像、考え方は完全に私個人のもので、愛媛FCとの関連はないもとし、DAZN映像からの引用も含め、一切の商標利用はないことを宣言しておきます。

また以下の記事内容は下にリンクしている記事で解説している

戦術知識があることが前提となっておりますので、

ぜひご一読ください。

新戦力「守備強化」

new members

今夏の移籍で愛媛FCは二人の新戦力を加入させました。

二人ともディフェンダーということで、明確な守備強化が考えられます。

栗山直樹選手

静岡出身のDF。主にCBを担当。

ジェフ千葉でプロ生活を開始し、
山形で長くプレー。

高木利弥選手

広島出身のDF。主にSBを担当。

山形でプロデビューし、
柏等でJ1経験もある。

栗山選手の特徴としては、クレバーなCBという印象。対人戦では脅威になります。

プレー自体は

怪我から復帰し、現在は3バックの左を担当することの多い、浦田選手に近い選手と言っていいかもしれません。

体格的には少し浦田選手よりも大柄。

一方で、怪我も多く、今シーズンもなかなかコンディションを整えることができずに、

前半戦の出場はわずか4試合にとどまっています。(すべてサブスタート)

一方の高木選手も、今シーズンは未だ出場はありません。

2020シーズンこそ14試合に出場し、左サイドでチームに貢献しましたが、

やはりコンディション的にも今シーズンは。。。といったところ。

この中断期間をもって、ある程度上げることができていれば、おそらく先発されるほどの実力者ではあります。

プレースタイルとしては、前野選手や内田選手とはまた異なり、

積極的にドリブルも仕掛ける攻撃的サイドバック。

左サイドにおける選択肢(取れ得る戦術種類)が豊富になることには間違いありません。

なんにせよ、この中断期間にどれだけ準備できたかが重要なことには変わりありません。

即戦力とは言いにくいでしょう。

新フォーメーション

new formation

さて、新戦力も加入し、怪我組も復帰。となるとフォーメーションも大きく変化するかもしれません。

一応、前半戦終盤に用いた3322で予想してみましょう。

このような予想となりました。

サブとしては

  • 岡本
  • 前野(もしくは内田)
  • 大谷
  • 前田
  • 森谷
  • 唐山
  • 石井

の中から選択されることが予想されます。

やはり何と言っても川村拓夢の復帰は大前提でしょう。

強力な左足を武器に、残留争いの愛媛の中で、ひと際輝くエースでした。

しかし、前半戦中盤で怪我により離脱。

長く試合勘が戻ってない可能性があることは懸念点ではあります。

同時期に藤本選手のコンディションが指数関数的に上昇。

この二人がベストな状態で揃っている愛媛はまだ今シーズンは見れていません。

加えて、池田選手の復帰も考えられます。

前半戦は怪我までは、圧倒的なフィジカルでボールをはじき返す、最後の砦として躍動。

J2NO.1CBとの呼び声もあったパフォーマンスでした。

後半戦を戦う中で

challenging things

ここからは個人的な考察になっていくのですが、

實好監督政権下で最も、愛媛FCが輝いた試合は皆さんどの試合を挙げるでしょうか?

私は圧倒的1位があります。

それが實好監督に交代してから2戦目の大宮戦です。

この時のスタメンがこちら。

そう4141です。

岩井選手をワイド起用し、物議を醸したのもこの試合w

ディフェンス時には523という今のディフェンス時のフォーメーションと同様の形を取ります。

川井監督が用意した”5レーンに基づいた攻撃理念”

和泉監督が用意した”守備から攻撃への速度”

そしてのその二つを体現するために實好監督が用意した

”システム”

そのシステムこそがこの4141です。

川村選手が戻ってきた以上、このシステムに再挑戦するべきだと僕は考えます。

その時の解説記事を以下にリンクしておきます。

となると、予想されるフォーメーションは

このようなイメージでしょうか。

思い切った予想をしたのは石井ですね。

元々は1列目の選手ではありますが、

プレースタイル的にはやはり2列目の起用が最適解かなと個人的には思っています。

ハーフレーンで受けて、攻撃力が増すタイプ

ターンがうまいですから、攻撃の開始のスイッチを入れることができる貴重な選手になり得ると考えます。

サガン鳥栖では2トップをともに担当していた林大地がオリンピックブレイクしたことは

彼にも何かを与えたはず。

後半戦で爆発させてほしいですね!!

さて、いかがだったでしょうか。

後半戦へ、そして残留へ、愛媛の厳しい戦いは続きます。

本日8/9 19時からアウェイ群馬戦から再開です!!!

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Share
archieve
Profilie

De:L [Taisei Ozaki]

学生でありながら、知的好奇心(仮)に駆られて様々な分野に学びの裾野を広げています(笑)

 

profile

De:L [Taisei Ozaki]

中身は学生。しかし平日は為替トレード。週末は競馬を勤しむ若年性おじさん。サッカーが大好きらしい。


関連リンク